便利なシステムを活用|大いに役立つ勤怠管理システム|入金消し込みの流れを把握

大いに役立つ勤怠管理システム|入金消し込みの流れを把握

レディ

便利なシステムを活用

PCを操作するレディ

ERPシステムによる勤怠管理

ITが日進月歩進化している昨今である。他の基幹システムがIT化される中で、勤怠管理データだけがレガシーのタイムカードであるという状況は、情報管理の観点からも非効率である。 現在、ERPシステムというものが基幹システムの潮流となっている。これは、複数の業務を1つのシステムで賄うことで、業務の効率化やデータ分析の最適化を目的としたシステムである。 ERPシステムによる勤怠管理を行った場合、そこで得られる情報は給与計算だけではなく、従業員評価などのデータとしても転用できるのだ。また、最近はビジネスチャットを利用する企業も増えており、ビジネスチャットでは様々なことをすることが可能だ。例えば、社内間でのコミュニケーションをとることが出来る他にもマニュアルを作成し、教育として活用することが出来るので利用者は多いといえるだろう。

システム導入にあたってのポイント

勤怠管理システムを構築する際、注意するべきポイントが対象となる従業員の数とカテゴリである。 システム導入の初期コストは大きく2つに分けられる。ライセンス料金と構築に関する人権費である。管理対象者数は、ライセンス料金に大きく影響するため、現在の従業員数と今後の採用計画を照らし合わせ、必要十分なライセンスを購入する必要がある。 また、非正社員数が増加している昨今だが、システムによる管理もその雇用形態によって異なってくる場合が多い。給与計算も、月給なのか時給なのかによっても求められる機能が変わってくる。システムに求める機能の増減や変化は、構築費用にダイレクトに影響する。コストを最小限に抑えるためには、現状を正しく把握し、システム要件を具体的かつ明確にすることが必要である。